MAYちゃん

6月7日に登別市で起こりました事件で
その後、当事者が死亡。
飼われていた猫たちが窓から外に出ているとご近所から通報があり、猫の存在を知りました。
各機関を通し、飼われていた猫を全頭保護の方向で話がまとまりました。
飼い猫は、7.8頭と聞いておりました。
が…いざ捕獲に行きましたら
似たような猫がたくさん…ざっと見20頭はいます。
子猫もおりました…
グレー系、キジトラ、黒…見分けつきません。
ご近所の方にも協力頂いたのですが
選別が出来ず、
先ずは全ての猫を捕獲し
不妊手術とワクチンを施すことを優先することにいたしました。

MAYちゃんはこの登別組の1匹です。
予定通り全頭の手術も終わりましたが、MAYちゃんの手術して縫合したところがいつまでもくっつかない…何度も縫合し直しました。
自己免疫疾患でアレルギーもあるらしく、縫合する糸も何種類か試してやっとの思いで傷が癒えました。
また、長い間カラーをしていた為、乾燥により角膜に傷…やはり治りづらいく治療も続けていましたが、その甲斐もなく眼球が膨張。片目は失明してしまいました。

人懐っこく小柄長い間MAYちゃん。本当にいい子です。でもとてもデリケートで可哀想な子です。

元気な子達とのお部屋だと、怪我があってはいけないので、お年寄りのお部屋で過ごしています。

タイトルとURLをコピーしました