息子

「息子」は、一昨年の夏に母猫と一緒に猫色に来ました。
80代のおばあさんが、餌を上げていた親子猫。
おばあさんが家を離れることになり、親子猫が心配で当会に預けて行きました。
母猫は、13歳の長毛猫でしたが、ガリガリで毛玉が酷い猫さんでした。
名前を「13歳の母」と付け、9歳の子供は「息子」と呼んでいます。

母猫は、肝臓疾患で保護後間も無く亡くなりました。
息子は、大人しく…可愛らしい大人です^ ^
鼻が少し潰れていて、鼻水で鼻の穴が塞がるので、毎朝鼻クソを取るのが日課です。
本当に大人しい子で、他の猫とも諍いがなく、遠慮がちな子です。

食欲がなくなって来た息子…検査結果はリンパ腫でした
主治医の執刀で、悪い所は取り除いでいただいましたが、予後はわからないとのこと。

抗がん剤投与が始まりました。
息子は、又食欲が戻り今は元気に過ごしています。

可愛がってもらっていた、おばあさんと別れ…
いつも一緒にいた、母との別れ…
たくさんの猫がいる施設に来て…
息子はどう思っているのだろう…

本当は、家族を作ってあげたかったのですが、ご縁はないようです…最期の時まで、きちんとお世話してあげたいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました