のえる

中学生が事故に遭った黒い子猫を抱き上げ、どうしたらよいのか判らず近くの薬局に助けを求めました。
薬局の奥さんは猫好きで可哀想に思い、中学生から子猫を引き受け病院に連れて行ってくれました。
しかし、子猫は背骨の骨折に伴い神経にもダメージが及んでおり、下半身麻痺と排泄を自力ではできないと診断されました。
幸い内臓にはダメージが無かった為、排泄介助をしてあげれば問題はないとのことでしたが、家でお世話をすることができないと言うことで、当会に保護依頼がありました。
餌代月3000円(1日100円です)での預かりの話も進んでいたのですが、ご主人が歩けなくなり世話も手間もお金もかかるのであれば、安楽死か保健所で殺処分すると言い出しました。
ご主人のとても残念な言葉に怒りも込み上げてきましたが、奥様はご主人に逆らうこともできず、とても悩んでいらしたので当会で引き取ることにしました。

名前は奥様に授けていただき、クリスマスも近かったので「のえる」と命名してくれました。

のえるは半身不随で、排泄に問題があるのであるので、餌はロイヤルカナンの消化器サポート可溶性を与えていますが、病気もせずとても元気な女の子です!

まん丸なお目々にボディー♫艶やかな黒い毛並みもキュートです!
その可愛さに、のえるのファンも多いです。

現在、猫色の主治医がのえるの為に歩行器を作成してくれています。完成しましたら、施設内をのえるが走り回る姿も見られます。

私達もとても楽しみにしています!

タイトルとURLをコピーしました